ダーツ 初心者向け

ブルとシングルの面積が同じってほんと?

「ブルとシングルの面積は同じ」かを検証

外側のシングルと比べればパッと見、やっぱシングルのほうが大きいでしょうという感じですが、真面目に調べてみると意外な結果に。

スポンサーリンク



ソフトダーツのボードは一般的にプラスティックのチップが刺さるようにボードに「ビット」と呼ばれる小さな穴があります。
その穴は、ソフトダーツにおいては一般的な数値が存在しており、そのビット数から大きい、小さいを調査したいと思います。

まずその一般的な数値ですが以下となっているようです。
※ダーツハイブ様 ダーツ用語集から抜粋

インナーブル:21個
アウターブル:137個
シングル(内側):165個
トリプル:58個
シングル(外側):290個
ダブル:102個
合計:12,458個

もう答えはおわかりになったかと思いますが、
まず、今回比べようとしている「ブル」は大きいほうのブルなので「アウターブル」と「インナーブル」の合算値になります。ビット数は137+21=158個。
「シングル」は、トリプルリングを挟んで、内側と外側の2つありますが、広く見える外側の方は290個。その差、約130個。やっぱりシングルのほうが大きいねーという感じです。

が、内側のシングルは165個。
内側のシングルならほぼブルと同じです。
結果的には同じだったと言っていいのではないでしょうか。
(「シングル」」っていうと外側をイメージしてしまっていたのは私だけでしょうか。。。)
というのが意外な結果です。「当然だろ!」と思ってらっしゃった方、期待させてしまいすみません。

内側のシングルとブルを比べて、「シングルと同じなら気が楽だな」とは、なりにくいかもしれませんが、
外側のシングルの上にブルを重ねると形的に角部分ははみ出てしまいますが、すっぽりジャストサイズで収まる感じです。
bullsize
大抵、シングルを狙うときに角を狙っている人はいないと思うので、そう考えると外側のシングルでも狙うスペースは同じなので、やっぱりほぼ狙っているサイズは同じです。
そう思うと気が楽になるかもしれませんね。

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 投げる感覚とバレルの関係
  2. ダーツ バレルおすすめ 各店人気ランキング(11月)
  3. ダーツケースおすすめ 各店 人気ランキング&用途別紹介(11月)

関連記事

  1. ダーツ 初心者向け

    フライト選びの基本とおすすめ

    沢山あるフライトの選び方を解説フライトはいろいろな形、デザインがあ…

  2. ダーツ 初心者向け

    ダーツのルール

    初心者が知りたいダーツのルール初めてダーツをプレイされる方のために…

  3. ダーツ 初心者向け

    レーティングを確認するために必要なカード

    ソフトダーツをやるのに欠かせないカードの機能と使い方ダーツバーやダ…

  4. ダーツ 初心者向け

    ダーツ 上達のコツ その1(スタンス・持ち方・投げ方 )

    基本から練習方法まで上達するためのきっかけとコツをご紹介このページ…

  5. ダーツ 初心者向け

    ダーツ台の高さとスローラインまでの距離は?

    ダーツ台からスローラインまでの距離はいくつでしょうか。スポンサーリ…

  6. ダーツ 初心者向け

    ダーツのルール・遊び方・選び方(ルール編)

    1.ダーツの基本ルール初めてダーツをプレイされる方のために、ダーツ…

最近の記事

人気の記事

  1. ダーツ プロのグリップ(持ち方)
  2. おすすめ初心者向けダーツセット
  3. ダーツのプロテストの内容は?
  4. 投げる感覚とバレルの関係
  5. ダーツケースおすすめ 各店 人気ランキング&用途別紹介(11…
  6. ダーツ バレルおすすめ 各店人気ランキング(11月)
  7. ダーツ プロプレイヤーのセッティング
PAGE TOP