特集

LEGおすすめ 2018年ダーツケース

2018年の振り返り まずはダーツケースをピックアップ

2018年もたくさんのダーツグッズが発売されましたが、LEG的によかったグッズをカテゴリー別にご紹介。
まずはダーツケースから。

ドロップインタイプ ダーツケースのおすすめ

フライトをつけたまましまえることから、一気にスタンダードとなったドロップインタイプ。
成形フライトが主流になったことで、いまでは他のタイプのケースもフライトをつけたまましまえるようになりましたが、
腰につけたときの安定性があったり、デザインのバリエーションが充実しています。

【モア】全知全能 スモーク
手軽なコンパクトタイプながら、なんと2セットのダーツをフライトをつけたまま収納可能。

【カメオ】スキニー ライト
ケースといえばカメオですが、機能は飽和状態、デザインで選ばれる今の状況で、
さまざまデザイン、柄のプロダクトをだしています。その中でも最近発売されたライトはいけてると思います。

【トリニダード】プレーン
こちらもカメオに並んで昔からダーツケースを発売しているトリニダード。
新製品ひとつひとつにきちんとコンセプトを変えて、ちょっとでも改良して製品をだされています。
ご紹介するのはあえてシンプルな「プレーン」というシリーズ。
シンプルといえ、機能はほかのメーカーと違いスマホがはいるなど収納力が抜群です。

ボックスタイプ ダーツケースのおすすめ

保管するとか、手持ちでいい人とか、たくさんものを入れたい人向けのボックスタイプ。
このタイプもランキングでは常に上位にはいってきています。
今年はさらに大型なものがでてきていました。

【ターゲット】タコマ ウォレット XL
とにかくめちゃ入ります。

【トリニダード】TRiNiDAD TRUNK トリニダード トランク
ランキング常連だったトランクシリーズの最新版。デザインもレザー調になって収納力もアップしています。

首かけタイプ ダーツケースのおすすめ

もっとも手軽に持ち運べるケース。トーナメントでもスマートに楽しめます。

TRiNiDAD トーナメントマスターケース SUFFICE
今年一番進化したケースだと思います。
ドロップインばかり出ていた中で、このタイプが改良されてとても新鮮でした。

いかがでしたでしょうか。
続けて他のプロダクトもご紹介していますのでお楽しみに。

最近の記事

PAGE TOP