ダーツ上達のコツ

【初心者向け】ダーツの掛け声の仕方

ダーツの掛け声の仕方

どのスポーツでも独特の掛け声があります。ダーツでも存在します。
ダーツバーではそういった独特の掛け声が一般的になっています。ダーツは紳士のスポーツなので自分に向けて掛け声を発することはなく、すべての掛け声は相手を称えるものです。
ダーツバーに行くのであればぜひ覚えてみてください。

ダーツでは主に3つのゲームの種類があります。

① 01(ゼロワン)
② CRICKET(クリケット)
③その他パーティゲーム

ダーツでは①01と②CRICKETだけが特別です。ダーツの試合では01とCRICKETを複数回行い、勝負を決めます。
そのため、掛け声が存在するのもこの2つのゲームだけです。それぞれのゲームで掛け声の仕方が異なるので、覚えていきましょう。

01(ゼロワン)での掛け声

01は先に決められた点数を減らし、ちょうど0にするか、相手より低い得点を最後まで維持できれば勝利となるゲームです。
そのため序盤は得点の高い中央部BULL(ブル)を狙い、点数を減らします。多く当たれば当たるほど良いです。
パターンから掛け声を確認していきましょう。

◆BULLに1回当たる
→『Nice One!(ナイスワン!)』

◆BULLに2回当たる
→『Nice Ton!(ナイストン!)』

◆BULLに3回当たる
→『Nice Hat(ナイスハット!)』

◆ちょうど0にして上がる
→『Nice Out!(ナイスアウト!)』

BULLに1回当たった場合はわかりやすいですが、2回当たった場合の『トン』、3回当たった場合の『ハット』は何を意味するのでしょうか。
これはダーツの世界では『Award(アワード)』(賞)と呼ばれるもので、特定の条件を満たした状態のことを指します。これによって獲得する得点の増減はありません。
01で関係するのは以下のアワードです。

●100点以上の得点
→LOWTON(ロートン)

●BULLに3本入る
→HAT TRICK(ハットトリック)

●20のトリプルに3本入る(最高得点)
→TON80(トンエイティー)
俗称:トンパチ

『トン』は『LOWTON』の『TON』で、『ハット』は『HAT TRICK』の『HAT』であることがわかります。
BULLは1回当てると50点なので2回当てると100点で『LOWTON』を達成できますが、2回当てなくても『LOWTON』を達成することはできます。例えば20のトリプルなら60点、19のトリプルなら57点に当てても達成できます。この場合でも『Nice Ton!(ナイストン!)』という掛け声になります。
ですので、正しくは…

◆BULLに当たらない or 60点以下の得点
→『Nice Ton!(ナイストン!)』

◆BULLに2回当たる or 100点以上の得点
→『Nice Ton!(ナイストン!)』

となります。
またBULLに入らない且つ得点が低い場合も掛け声があります。

◆BULLに当たらない or 得点が低い(50点以下)
→『Nice Try!(ナイストライ!)』

繰り返しになりますが、BULLに当てなくてもLOWTONは達成できますので、得点が50点以下(BULL1本分より低い)の場合に限ります。

続いてCRICKETについて見ていきましょう。

CRICKET(クリケット)の場合

CRICKETはCRICKETナンバーと呼ばれる特定の数字を狙い、得点します。
得点をするには条件があります。

条件① 特定の数字の中の同じ数字を3回当てる(オープンする)
条件② 相手がその数字を3回当ててない状態(クローズしていない)
条件③ その数字を4回目以上当てる

文字で見ると分かりづらいですが、実際にやってみるとすぐに理解できると思います。
CRICKETで大事なのは…
・相手が『オープン』する前に自分が『オープン』すること
・相手が『クローズ』する前に得点すること
・相手が『オープン』した数字を自分が『クローズ』すること

このへんが理解できていれば掛け声を覚えられます。

◆『オープン』されていない数字を『オープン』する
→『Nice Open!(ナイスオープン!)』

◆『オープン』されている数字を『クローズ』する
→『Nice Close!(ナイスクローズ)』または『Nice Cut!(ナイスカット!)』

◆『オープン』した数字を『クローズ』される前に得点する
→『Nice Push!(ナイスプッシュ!)』

◆得点が相手を上回る
→『Nice Over!(ナイスオーバー!)』

また、CRICKETにもアワードが存在します。
その条件とその時の掛け声は下記の通りです。

●CRICKETナンバーの1箇所の数字のトリプルにダーツが3本入る
アワード名:BET
◆掛け声→『Nice BET!(ナイスベット!)』

●CRICKETナンバーの3箇所の数字のトリプルにダーツが3本入る
アワード名:WHITE HORSE
◆掛け声→『Nice HORSE!(ナイスホース!)』

アワードではありませんが、3本ともCRICKETナンバーに入れることが大事とされるCRICKETでは、3本ともシングルでもこんな掛け声があります。

◆3本ともシングルに入れる
→『Nice Keep!(ナイスキープ)』

以上、いかがでしたでしょうか。各ゲーム掛け声が違い、覚えることが多く感じますが、『ナイス』から始まる言葉であることは変わりません。また、『すぐには覚えられないし、咄嗟に使えるか心配!』という方は『ナイス!』と声をかけるだけでも全く問題ありません。むしろ仲が良いとあまり気にせず、気がつけば『ナイス!』しか言ってないこともあります。

◆いつでもOK!(魔法の言葉)
→『Nice!(ナイス!)』

ダーツは紳士のスポーツです。例え仲の良い間柄でも相手の不運を喜んだり、相手を貶すような声掛けはしてはなりません。また、自分の幸運や自分を称えるような掛け声もありません。掛け声はお互いダーツを楽しむためのツールでしかありません。掛け声よりも大事なことは相手を尊重する心です。
それではダーツを楽しんで!Enjoy Your Darts!

その他の記事
ダーツが購入できるダーツショップまとめ
ダーツ バレル おすすめ 各店人気ランキング
ダーツ フライトおすすめ 各店人気ランキング
ダーツ シャフトおすすめ 各店人気ランキング
ダーツボード おすすめ 各店人気ランキング

PAGE TOP