ダーツ上達のコツ

自分のフォームを目指す

フォームを研究する

フォームを決める大きな要素は3つ。

①スタンス
②振り
③グリップ
身体の足元から順番に決めていきます。

①スタンス

大きく分けてオープンスタンス、クローズスタンスがあります。
オープンスタンスはスローラインにつま先を揃えるフォーム。クローズスタンスはスローラインに並行に足を揃えるフォームです。
しかし、厳密にはクローズ気味のオープンや、オープン気味のクローズなど、足の角度は様々。自分に最適な足の角度を探しましょう。
クローズになればなるほど腰への負担が重くなりますので、腰が悪い方はオープンスタンスをおすすめします。

②振り

振りも大きく分けて2種類あり、押し出す投げ方と腕を縦に振る投げ方があります。こちらも人によって投げやすい振りがありますので、色々試してみてください。
初心者の方は紙飛行機のように投げると良いとよく言います。
また手首を使うかどうか、使うならどういう角度でどのように振るのか検討する必要があります。使う関節が少ない方が調整する手間が省けますので、迷っているなら手首を使わないことをおすすめしますが、手首を使うほうが自然で楽な方は使ってください。

③グリップ

①スタンス②振りが決まればおのずとグリップもある程度は決まってきます。
一般的に2フィンガー、3フィンガー、4フィンガーがあります。
ダーツに触れる指の本数でこのような呼び方になりますが、蓋を開けると、これこそ千差万別。
順番に試していってください。ポイントは力を抜いて握ったときの違和感がないかどうかです。違和感があるとどこかで無理が出てきます。

グリップにはもう一つ大事な要素があります。『ダーツを持つ深さ』です。深ければ深いほど安定しやすくなる反面、ダーツに力を伝えづらく飛ばしづらくなります。浅ければ浅いほどダーツに力を伝えやすい反面、安定しにくくなります。

以上3点を決めたらしばらく投げてください。
途中で変えたくなった場合は、1つずつ修正して検証してください。一度にどんどん投げ方を変えると分からなくなってしまい、現状のベストな状態に返って来れなくなりますので気をつけてください。

フォームはセッティングからも影響を受けます。
自分が最も自然に楽に投げられるセッティングを探すのも手かもしれません。
また家でフォームの確認ができると調整が細かくできるので、ダーツボードの購入をおススメします。

その他 関連特集はこちら
【特集】あなたの投げ方とバレルの特性、合ってますか?
ダーツ バレル おすすめ 各店人気ランキング
中古ダーツで掘り出し物を探す
ダーツケース おすすめ 各店人気ランキング
ダーツ初心者のためのルール・遊び方・選び方
おすすめダーツボード

PAGE TOP