ダーツ上達のコツ

おすすめの練習法『One Number CRICKET』

CRICKET上達におすすめの練習法

ある程度、BULLに入るようになってきたら次はCRICKETの練習をしましょう。

CRICKETとは通常『STANDART CRICKET』というゲームのことを指します。CRICKETナンバーと呼ばれる15~20とBULLを含めた7箇所に対する陣取りゲームです。
そのためこのCRICKETナンバーにいかに入れることができるかが、ゲームの鍵を握ります。

そこで提案したいのが『One Number CRICKET』という練習法です。
方法は簡単で、STANDARD CRICKETを選択肢し、CRICKETナンバーのうち1箇所に絞ってひたすら投げる。これだけです。
必ずトリプルを狙うようにし、終了時にスタッツを記録します。可能であればCRICKETナンバーすべてに投げるように一巡してください。一巡したら平均点を出し、平均を割っているナンバー、もしくはレベルごとの下記基準を割っているナンバーをもう一度練習します。

Cフライト:2.5
Bフライト:3.5
Aフライト:5.0

プロ以外の多くの人には苦手なナンバーというものが存在します。その苦手を克服するための練習法です。定量的に苦手を捉えて投げ込みます。
『CRICKETで負けちゃうんだよなぁ』という方におすすめの練習です。

ただ、この練習法かなり時間を使いますし疲労しやすいです。
CRICKETは一回やるのに20 Round投げますので、1回のゲームで約10分かかります。これを6箇所(15~20)で一巡するだけで約60分かかります。一日で終わらせる必要もなく継続的に行う必要もないので、時間あってモチベーションが高いときにやるのがおすすめです。

その他の記事
ダーツ初心者はまずグリップを手に入れる ~前提を考える~
ダーツ初心者はまずグリップを手に入れる ~重要な構成要素~
自分のフォームを目指す
スランプを脱出する
ダーツ バレル おすすめ 各店人気ランキング

PAGE TOP